New Zealand
New Zealand New Zealand
Consumers make most of their payments by internet banking
  • 74%
    BFSI
  • 70.5%
    TELCO
  • 54.5%
    RETAIL
  • 46.5%
    BFSI
  • 39.6%
    TELCO
  • 40.7%
    RETAIL
  • A higher percentage make payments via internet banking to banks and insurance companies, telcos, and retailers, respectively, compared to the regional average
  • Impact: Anti-fraud capabilities critical to the increased digital transaction frequency and customers’ trust in banks
Australia
Australia Australia
Consumers are most satisfied with the post-fraud service of banks and insurances companies
  • More than 70% satisfaction rate compared to 59.7% on average
  • Impact: Increased trust in BFSIs
Indonesia
Indonesia Indonesia
Consumers that encountered most fraud incidents in the past 12 months
49%
34.7%

AP Average

  • 49.8% have experienced fraud at least once compared to 34.7% on average
  • Impact: Overall anti-fraud capabilities need improvement
Singapore
Singapore Singapore
Consumers have the highest trust towards government
AP Average
  • 75.5% choose government agencies, compared with 51.7% on average
  • Impact: Trust of personal data protection is centered around government agencies
Vietnam
Vietnam Vietnam
Consumers encountered most fraud incidents in retail and telco during the past 12 months
  • 55%
    TELCO
  • 54.5%
    RETAIL
  • 32.8%
    TELCO
  • 35.2%
    RETAIL
  • 55% and 54.5% have experienced fraud at least once in retail and telco, respectively, compared to 32.8% and 35.2% on average
  • Impact: Overall anti-fraud capabilities need improvement
Thailand
Thailand Thailand
Most Thai consumers believe speed and resolution are severely lacking (response/ detection speed toward fraud incidents)
AP Average
  • 60.5% think it is most important, compared to 47.7% on average
  • Impact: Response time as one of key factors to fraud management to retain customers and gain their trust
India
India India as standalone
Consumers have the largest number of shopping app accounts in the region
India
  • Average of three accounts per person
  • Impact: Highest exposure to online fraud
Hong Kong
Hong Kong Hong Kong
The least percentage of consumers with high satisfaction level toward banks and insurance companies’ fraud management
AP Average
  • Only 9.7% are most satisfied compared to 21.1% on average
  • Impact: effective response towards fraud incidents to be improved
China
China China
Consumers are the most tolerant toward submitting and sharing of personal data
AP Average
  • 46.6% compared to the AP average of 27.5% are accepting of sharing personal data of existing accounts with other business entities
  • Impact: higher exposure of data privacy and risk of fraud
alert
Japan Japan as standalone
Consumers most cautious on digital accounts and transactions
50.7% Actively maintain digital accounts’ validity
27% AP Average
45.5% Do not do online bank transfers
13.5% AP Average
  • More than 70% did not encounter fraud incidents in past 12 months, compared to 50% on average
  • Impact: Relatively low risk of fraud

エクスペリアンジャパン、
新代表取締役就任のお知らせ

 

 

東京発、2019年9月5日 – 情報サービスの世界的リーダーであるエクスペリアンジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、以下、エクスペリアンジャパン)は、株主総会及び取締役会での決議により、2019年9月1日付でコロム・ジョン・ケネリー(Colm John Kennelly、以下、コロム・ケネリー)の就任を発表します。これに伴い、エクスペリアン アジア太平洋地域 最高経営責任者とエクスペリアンジャパン代表取締役を兼務していたベン・エリオットは、今後もAPAC最高責任者としてエクスペリアンの日本市場へのコミットメントをサポートします。コロム・ケネリーは、エクスペリアンの日本における意思決定ソリューション、海外調査情報、消費者

 

セグメンテーションデータのビジネスを統括するとともに、Experian Decision Analytics Korea Co. Ltd(エクスペリアン韓国法人)のビジネス統括も兼務します。

 

コロム・ケネリーはアジア太平洋地域およびEMEAの投資銀行や保険業、IT業、旅行業で20年以上の幅広い管理業務にシニアビジネスリーダとして従事。業務の生産性やサービスの向上化に努め、優れた顧客体験を実現させることに注力し、直近ではBNPパリバ・カーディフ社ではCIOとしてプロジェクトを統括、アクサテクノロジーサービスジャパン社では代表取締役社長を務める。また、ピナクル・ジャパン社、アマゾンウェブサービス社、メットライフ生命保険社、バークレイズ銀行などの企業にてIT技術の戦略的適用を指揮。

アイルランド出身。ユニバーシティ・カレッジ・ダブリン(英国)にて1993年に工学および電気工学の学士号を修得。

 

エクスペリアンジャパンは新体制のもと、さらに強固な経営体制の構築を図り、全ての人々が経済活動に必要な金融サービスや関連する情報を利用できるようにする金融包摂への取り組みや、デジタルエコノミーの推進に向けた製品および組織戦略を強化するとともに、良質なサービスの提供に邁進していきます。

 

エクスペリアンジャパンの代表取締役に就任したコロム・ケネリーは、次のように述べています。「経済や技術革新の最前線にある長く豊かな歴史を持つ日本は、エクスペリアンにとって大変刺激的なマーケットです。 エクスペリアンの日本国内における存在感を高めることによりビジネスの価値をもたらし、企業が最善の意思決定を迅速に行うことを可能にします。また、金融サービスをより多くの人々が利用できるように、金融サービスへのアクセスの拡大化に向けて支援していくことをお約束します。」

 

このたびのコロム・ケネリーの就任に際し、エクスペリアン アジア太平洋地域 最高経営責任者のベン・エリオットは次のように申しております。「Colm Kennellyが日本でのビジネスの成長を加速するために代表取締役として迎えられたことを喜ばしく思っております。日本が本格的なデジタル経済へと移行し続ける中、弊社にとっては、お客様の進化するニーズを満たすためにソリューションとサービスの積極的な提供を行うことができる絶好の機会であると考えています。コロム・ケネリーの豊富な国際経験と確かな業界知識が、APACの中でも成熟した市場である日本のお客様が直面する課題に寄与し、ビジネスをより高いレベルに引き上げていくことができることを確信しております。」

 

コロム・ケネリーの日本在住歴は20年におよび、日本語を母国語のように使用しています。日本語に加え、フランス語、ドイツ語、タイ語の三カ国語にも堪能です。

写真左:ベン・エリオット/写真右:コロム・ケネリー

 

エクスペリアンについて

エクスペリアンは、グローバル情報サービスのリーディングカンパニーです。住宅や車の購入、子供の高等教育、また新規顧客を獲得してビジネスの成長を図るときなど、私たちは人生のさまざまな重大なシーンで、消費者や私たちのクライアントが安心してデータを管理できるよう支援しています。財務状況を管理し、金融サービスを利用する個人向けの支援をはじめ、企業の持続的な成長を支えるスマートな意志決定により金融業者がより責任を持って融資できるように、また組織がなりすまし犯罪を防止するための企業向けの支援も提供しています。エクスペリアンでは39か国に16,500人の従業員が、毎日新しいテクノロジー、優れた人材およびイノベーションへの投資を続けながら、すべてのクライアントの皆様があらゆる機会を最大限に活用できるよう支援しています。また、エクスペリアンはロンドン証券取引所(EXPN)に上場しており、FTSE100種総合株価指数の構成銘柄です。詳細はhttps://www.experian.co.jp をご参照ください。

 

◆本プレスリリースの英語版原稿は、こちらからご参照いただけます。
PRESS RELEASE : Experian Japan Appoints New Managing Director

 

報道機関からのお問い合わせ:

エクスペリアンジャパン株式会社 マーケティング シニアマーケティングマネージャー 駒村 紋(Aya Komamura)
TEL:03-6262-7600/E-mail:prj@experian.com(広報窓口)

Read full article

Experian

By Experian 09/05/2019

関連記事

Experian、アジア太平洋地域において初となるグローバルカンファレンス「VISION2020 Asia Pacific」をシンガポールにて開催
Experian、アジア太平洋地域において初となるグローバルカンファレンス「VISION2020 Asia Pacific」をシンガポールにて開催

2020年2月5日~6日で開催されるVISON2020 APACでは、オープンデータ、AIを活用した分析 およびオルタナティブデータを取り上げたセッション を通じて、データエコノミーがもたらすかつてない ビジネスチャンスを手にしていただくことができる重要 な交流の場をご提供します。

詳しくはこちら
エクスペリアン、アジア太平洋地域における最新の不正対策防止の市場調査を発表
エクスペリアン、アジア太平洋地域における最新の不正対策防止の市場調査を発表

日本の消費者の6割がオンライン取引においてセキュリティが最重要と回答

詳しくはこちら
2019年3月1日付の日本金融通信社のニッキンに弊社CEOの取材記事が掲載されました
2019年3月1日付の日本金融通信社のニッキンに弊社CEOの取材記事が掲載されました

不正取引防止の支援 – デジタル化に対応を

詳しくはこちら