New Zealand
New Zealand New Zealand
Consumers make most of their payments by internet banking
  • 74%
    BFSI
  • 70.5%
    TELCO
  • 54.5%
    RETAIL
  • 46.5%
    BFSI
  • 39.6%
    TELCO
  • 40.7%
    RETAIL
  • A higher percentage make payments via internet banking to banks and insurance companies, telcos, and retailers, respectively, compared to the regional average
  • Impact: Anti-fraud capabilities critical to the increased digital transaction frequency and customers’ trust in banks
Australia
Australia Australia
Consumers are most satisfied with the post-fraud service of banks and insurances companies
  • More than 70% satisfaction rate compared to 59.7% on average
  • Impact: Increased trust in BFSIs
Indonesia
Indonesia Indonesia
Consumers that encountered most fraud incidents in the past 12 months
49%
34.7%

AP Average

  • 49.8% have experienced fraud at least once compared to 34.7% on average
  • Impact: Overall anti-fraud capabilities need improvement
Singapore
Singapore Singapore
Consumers have the highest trust towards government
AP Average
  • 75.5% choose government agencies, compared with 51.7% on average
  • Impact: Trust of personal data protection is centered around government agencies
Vietnam
Vietnam Vietnam
Consumers encountered most fraud incidents in retail and telco during the past 12 months
  • 55%
    TELCO
  • 54.5%
    RETAIL
  • 32.8%
    TELCO
  • 35.2%
    RETAIL
  • 55% and 54.5% have experienced fraud at least once in retail and telco, respectively, compared to 32.8% and 35.2% on average
  • Impact: Overall anti-fraud capabilities need improvement
Thailand
Thailand Thailand
Most Thai consumers believe speed and resolution are severely lacking (response/ detection speed toward fraud incidents)
AP Average
  • 60.5% think it is most important, compared to 47.7% on average
  • Impact: Response time as one of key factors to fraud management to retain customers and gain their trust
India
India India as standalone
Consumers have the largest number of shopping app accounts in the region
India
  • Average of three accounts per person
  • Impact: Highest exposure to online fraud
Hong Kong
Hong Kong Hong Kong
The least percentage of consumers with high satisfaction level toward banks and insurance companies’ fraud management
AP Average
  • Only 9.7% are most satisfied compared to 21.1% on average
  • Impact: effective response towards fraud incidents to be improved
China
China China
Consumers are the most tolerant toward submitting and sharing of personal data
AP Average
  • 46.6% compared to the AP average of 27.5% are accepting of sharing personal data of existing accounts with other business entities
  • Impact: higher exposure of data privacy and risk of fraud
alert
Japan Japan as standalone
Consumers most cautious on digital accounts and transactions
50.7% Actively maintain digital accounts’ validity
27% AP Average
45.5% Do not do online bank transfers
13.5% AP Average
  • More than 70% did not encounter fraud incidents in past 12 months, compared to 50% on average
  • Impact: Relatively low risk of fraud

エクスペリアンジャパン提供の消費者セグメンテーションデータ「Experian Mosaic Japan」、Yahoo! JAPANによる採用が決定

エクスペリアンジャパン提供の消費者セグメンテーションデータ「Experian Mosaic Japan」、Yahoo! JAPANによる採用が決定

サイト利用者のライフステージを踏まえた属性分析に活用

 

エクスペリアンジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 CEO:有田道生、以下エクスペリアンジャパン)は、エクスペリアンジャパンが提供する消費者セグメンテーションデータ「Experian Mosaic Japan」を、ヤフー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 宮坂学、以下Yahoo! JAPAN)がサイトユーザーへの適切なコンテンツ提供に向けた属性分析のために、正式に採用したことを本日発表しました。

導入の背景

Yahoo! JAPANでは、サイト利用者に最適なコンテンツ(メール送信やバナー表示などを含む)を提供するために、Yahoo! JAPAN上の行動を基に、ユーザーの興味・関心を判断していますが、サイト上の行動が少ないユーザーに対しては、データが少ないため判断が難しく、またこれらの情報だけでは、ユーザーが置かれているライフステージを推定することが難しい状況でした。そこで、Yahoo! JAPAN IDの登録郵便番号をもとにライフステージや世帯特徴の情報を掛け合わせることのできる「Experian Mosaic Japan」を導入。 補完的な役割を果たすデータとして活用する予定です。

 

ヤフー株式会社 データソリューション本部サービスソリューション2部ソリューション企画チームマネージャー勝野千絵子氏は以下のように述べています。

 

「弊社ではサービス改善のためのユーザーの分析環境を整備しておりますが、その一環として今回の『Experian Mosaic Japan』導入を決定しました。ライフステージや社会階層について各国の知見を総合し、分かりやすく体系立てられている点と、テスト分析でMosaicのタイプに見られる各群の特性がYahoo! JAPAN上の行動と一致している点を評価しました。分析を基にした今後の成果に期待しています。」

 

●「Experian Mosaic Japan」について

「Experian Mosaic Japan」は、国勢調査や年収階級別推計世帯数、消費者購買行動データなどをベース に、ジオデモグラフィック分析手法によって居住地における近隣の人々のタイプや生活スタイルで分類し たデータを提供しています。日本市場向けの最新バージョンは、2010 年度(平成 22 年)国勢調査を採用 し、新たなデータソースとして、所有している車のタイプや金融商品、オンライン利用状況、震災や原発 事故の影響も要素として含まれており、日本の全町丁目レベルで 14 グループ、52 タイプ、220 のセグメ ントに分類されています。詳細はこちらの URL をご覧ください。

URL: http://www.marketinggate.jp/service/mosaic/

 

●エクスペリアンジャパン株式会社について

1999年12月設立。2012年11月エイケア・システムズ株式会社、株式会社アルトビジョン、Experian Japan K.K.の3社が合併・社名変更。マーケティングサービス、ビジネスインフォメーションサービス、意思決定分析サービスを軸に、グローバル情報サービス企業であるエクスペリアングループの強みを生かして事業を展開。クロスチャネルに対応するマーケティングオートメーション、最先端のマルチデバイス対応メールマーケティングソリューション、金融機関向け与信戦略管理/不正対策ソリューション、海外企業調査レポートなどを提供。

コーポレートサイト: http://www.experian.co.jp

マーケティングサービスサイト: http://www.marketinggate.jp

 

●Experianについて

エクスペリアンは、世界各国でデータや分析ツールを提供しているグローバルな情報サービス企業です。信用リスク管理、不正防止、マーケティングのターゲット絞り込みや意思決定の自動化などのサービスを提供しています。また、企業だけでなく個人に対しても、信用情報管理やID盗難防止などのサポートを行っています。2014年には米『フォーブス』誌の「世界で最も革新的な企業(World’s Most Innovative Companies)」の一社として選定されました。

 

アイルランドのダブリンに本社を置き、イギリスのノッティンガム、米国カリフォルニア州コスタ・メサとブラジルのサンパウロに事業本部を構え、39カ国で16,000人以上の従業員を擁し、ビジネスを展開しています。Experian plcはロンドン証券取引所(EXPN)に上場し、FTSE 100インデックスにも選ばれています。2014年3月期の年間売上高は48億ドルにのぼりました。

詳細については: http://www.experianplc.comまたは動画‘Inside Experian’(英語)をご覧ください。

動画 ‘Inside Experian’(https://www.youtube.com/watch?v=YSxeXPD-p8g)をご覧ください。

Read full article

Experian

By Experian 01/19/2015

関連記事

Experian、アジア太平洋地域において初となるグローバルカンファレンス「VISION2020 Asia Pacific」をシンガポールにて開催
Experian、アジア太平洋地域において初となるグローバルカンファレンス「VISION2020 Asia Pacific」をシンガポールにて開催

2020年2月5日~6日で開催されるVISON2020 APACでは、オープンデータ、AIを活用した分析 およびオルタナティブデータを取り上げたセッション を通じて、データエコノミーがもたらすかつてない ビジネスチャンスを手にしていただくことができる重要 な交流の場をご提供します。

詳しくはこちら
エクスペリアンジャパン、 新代表取締役就任のお知らせ
エクスペリアンジャパン、 新代表取締役就任のお知らせ

エクスペリアンジャパン株式会社は、 株主総会及び取締役会での決議により、2019年9月1日付でコロム・ジョン・ケネリー(Colm John Kennelly)の就任を発表 します。

詳しくはこちら
エクスペリアン、アジア太平洋地域における最新の不正対策防止の市場調査を発表
エクスペリアン、アジア太平洋地域における最新の不正対策防止の市場調査を発表

日本の消費者の6割がオンライン取引においてセキュリティが最重要と回答

詳しくはこちら