• エクスペリアン お問い合わせ

ニュース - 2016年2月16日

企業からの情報取得・閲覧には「メール」が安定した人気

~メールは95%以上。SNS全体が伸びる中、LINEは対前年約2倍の伸び~

2016年2月16日
→PDF

このたび、エクスペリアンジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 CEO:有田道生、以下エクスペリアンジャパン)は、「メール&クロスチャネルユーザー動向調査2016」を発表しました。本レポートは、10~60代の男女を対象にインターネットアンケート調査を実施し、ユーザーが接するコミュケーションチャネルの最新利用実態を毎年まとめているものです。
近年のネットワーク環境の高速化とデバイス・メディアの多様化は、ユーザーの行動・意識にも変化をもたらしたと言われています。本調査結果からも、ユーザーが接するコミュケーションチャネルの多様化、行動・意識の複雑化が明らかになりました。もはや全てのユーザーに対し、全てのチャネルを網羅したマーケティング活動は極めて困難な状況と言えるでしょう。企業のマーケティング活動を成功に導くためには、自社のユーザーを知り、適切なチャネルで適切なコミュニケーションを実現することが不可欠です。

調査結果サマリ

1. ユーザーが企業からの情報取得・閲覧に利用するメディアの割合は依然としてメールがNo.1
 95.4%がメールを利用、次ぐLINEは対前年の約2倍と急激な伸びを見せ68%が利用

2. 30代以上のユーザーにおいては、企業からの情報収集・検討・購入のきっかけとなるメディアとしてメールがNo.1
 20代以下ではLINE、Twitterの寄与度がメールに迫る

3. 全ての年代において、メールマガジンをスマートフォンで閲覧する割合が増加、パソコンでの閲覧は減少
 特に20代以下、30~40代におけるノートPCの減少が目立つ

4. LINEアカウントのアクティブ率は全ての年代において90%超
 Facebookは30~40代、Twitter、Instagramは20代以下でのアクティブ率が高い

5. LINEのスタンプ目的で追加した企業アカウントを登録後、ブロックや削除したユーザーは30%超
 一方、ブロックも削除もしていないユーザーもおよそ29%存在

上記結果のグラフは以下をご参照ください。

「メール&クロスチャネルユーザー動向調査2016」の全文は https://www.experian.co.jp/form/cd371.html よりダウンロードが可能です。

「メール&クロスチャネルユーザー動向調査2016」(抜粋)

1.ユーザーが企業からの情報取得・閲覧に利用するメディアの割合は依然としてメールがNo.1
 95.4%がメールを利用、次ぐLINEは対前年の約2倍と急激な伸びを見せ68%が利用

LINEの伸びは顕著。自社のユーザーの年代によってはメールに加えてLINE対策も視野に入れるべきだろう

2.30代以上のユーザーにおいて企業からの情報収集、検討、購入のきっかけとなるメディアは
 いずれもメールが50%を超える。20代以下ではLINE、Twitterの寄与度がメールに迫る

20代以下のユーザー層に対しては、LINE、Twitterでのアプローチも効果が期待できる

3.全ての年代において、メールマガジンをスマートフォンで閲覧する割合が増加
 パソコンでの閲覧は減少。特に20代以下、30~40代におけるノートPCの減少が目立つ

スマートフォンでの閲覧を考慮したメールクリエイティブ制作は今後の重要課題と言えるだろう

4.LINEアカウントのアクティブ率は全ての年代において90%を超える
 Facebookは30~40代、Twitter、Instagramは20代以下でのアクティブ率が高い

今後は、自社のユーザー層と各SNSの特性を考慮したコミュニケーションがより重要となるだろう

5.LINEのスタンプ目的で追加した企業アカウントを登録後、ブロックや削除したユーザーは
 30%超、一方、ブロックも削除もしていないユーザーもおよそ29%存在

適切なコミュニケーションさえ実現できればLINEの企業アカウントも有効に活用できるメディアである

以上の結果から、これからの企業とユーザーの適切なコミュニケーション戦略を考える上では、メールに加えSNSが欠かせないことが見て取れます。中でもLINEの伸びは著しく、対前年で2倍近い伸びを見せました。特に20代以下のユーザーとのコミュニケーションには欠かせないメディアとなってきていると言えるでしょう。またLINEの企業アカウントはスタンプ取得目的で追加するユーザーが多いイメージがありますが、適切なコミュニケーションさえ実現できれば充分に有効なメディアとも言えそうです。
一方で、30代以上のユーザーに対してはメールでのコミュニケーションが依然有効なことも見逃せません。さらに利用デバイスのスマートフォンへのシフトを考慮すれば、スマートフォンを意識したメールクリエイティブ制作も今後の重要課題と言えるでしょう。

このように変化の激しい時代だからこそ、エクスペリアンジャパンでは企業とユーザーのコミュケーションチャネルの動向を定期的に調査することが重要と捉え、今後も企業のマーケティング活動に役立つインサイトを導くレポートを提供してまいります。

この他にも本レポートには、スマートフォンでのメール閲覧に際しユーザーが感じるストレスを感じるポイントや、企業のメールマガジンに対するユーザーの態度、スマートフォンアプリの利用状況などもまとめられています。全文はダウンロードの上、ご覧ください。

「メール&クロスチャネルユーザー動向調査2016」の全文は https://www.experian.co.jp/form/cd371.html よりダウンロードが可能です。

【調査概要】

調査主体:エクスペリアンジャパン株式会社(マクロミルモニタを利用)
調査対象者:全国、10~60代の男女、スマートフォンを保有して1年以上経過している人
調査手法:インターネットによるアンケート調査
調査実施期間:2016年1月14日~17日
サンプル数:416サンプル
(15~19歳、20~29歳、30~39歳、40~49歳、50~59歳、60~69歳×男女にて均等割付)
設問数:30問

※株式会社マクロミルがインターネット上で募集し、自社管理するアンケート専用モニタ

●エクスペリアンジャパン株式会社について

1999年12月設立。世界各国でデータや分析ツールを提供しているグローバルな情報サービス企業であるエクスペリアングループとしての強みと、日本国内での累計5,300社以上の取引実績を生かし、マーケティングサービス、海外企業調査サービス、意思決定分析サービスを軸に事業を展開。マーケティングオートメーションやメールマーケティングソリューション、企業信用調査報告書、金融機関向けの与信戦略管理や不正対策ソリューションを提供しています。

詳細については、http://www.experian.co.jpをご覧ください。

●Experianについて

エクスペリアンは、世界各国でデータや分析ツールを提供しているグローバルな情報サービス 企業です。信用リスク管理、不正防止、マーケティングのターゲット絞り込みや意思決定の自動化などのサービスを提供しています。また、企業だけでなく個人に対しても、信用情報管理やID盗難防止などのサポートを行っています。2015年には米『フォーブス』誌の「世界で最も革新的な企業(Worlds Most Innovative Companies)」の一社として選出されました。

アイルランドのダブリンに本社を置き、イギリスのノッティンガム、米国カリフォルニア州コスタ・メサとブラジルのサンパウロに事業本部を構え、37か国で17,000人以上の従業員を擁し、ビジネスを展開しています。Experian plcはロンドン証券取引所(EXPN)に上場し、FTSE 100インデックスにも選ばれています。2015年3月期の年間売上高は48億ドルにのぼりました。

詳細については: http://www.experianplc.com、または動画‘Inside Experian’(英語)をご覧ください。

<本件に関するお問い合わせ>

エクスペリアンジャパン株式会社 マーケティング部
担当:鈴木  TEL:03-5786-2653 E-mail:pr@jp.experian.com(広報窓口)

「Experian」とそのロゴ、「Mosaic」は、Experianとその関連会社の、EU・米国・日本・各国における登録商標、または商標です。その他、記載されている会社名および製品・サービス名などは、各社の商標・登録商標です。無断複写・転載を禁じます。