メールクリエイティブ制作

エクスペリアンジャパンのメールクリエイティブ制作の強み

「メールの仕様・特性理解」「マーケティング視点」「経験と実績」を強みとし、メールクリエイティブに特化した制作グループを編成しています。

メールの仕様・特性理解

メールの特性を十分に理解し、メールマーケティング専門企業 ならでは価値を創造する

  • メーラーによる違いや携帯端末ごとの仕様の違いへ配慮して原稿を制作
  • 流し読みされるメールの特性に合わせ、読みやすさに特に配慮し、簡潔に要点をまとめる
マーケティング視点

マーケティングの視点を取り入れ、成果を出す原稿をご提案

  • 企業、市場と顧客、競合と業界内でのポジショニング、商品/サービスの訴求ポイントなどを理解して、クリエイティブに落とし込む
  • 単純なデザイン・ライティングだけでなく、情報設計も行う
経験と実績

経験と実績を最大限に活用し、受身でなく能動的な制作を行う

  • メールに特化した原稿制作で、HTML/テキストメール(PC)からデコメール (モバイルHTML)まで、全ての原稿形式に対応
  • 富士通様・森ビル様・三菱UFJ信託銀行様・キャタピラージャパン様・ ワコール様・AIU保険会社様など、様々な業界での実績多数

メールマーケティング戦略のメールクリエイティブへの落とし込み

策定されたメールマーケティング戦略に基づき、媒体定義書を作成。その内容をワイヤーフレームへと落とし込んでいくことにより、策定された戦略を1通1通のメールへと落とし込んでいきます。

メールマーケティング戦略のメールクリエイティブへの落とし込み

Webページ制作とメールクリエイティブ制作の違い

WebページとHTMLメールの制作は様々な点が異なっており、Webページの制作会社ではHTMLメール制作に対応しきれないケースがあります。そのため、メールマガジンの運用が長期にわたる場合は、メールマガジン制作・運用のノウハウがある企業であるかどうかを発注検討の際に重視されることをおすすめします。

配信後に配信した内容を変更できない
  • Webページはアップ後に修正をかけられるが、メールの場合は一度配信した後に配信した原稿を修正できず、お詫びメールを送るしかない
毎月の企画・制作がオーバーラップして進行する
  • 毎月のメールマガジンの企画・制作がオーバーラップして進行するため、ディレクションが煩雑になりやすい
PUSH型の特性を理解した上で制作する必要がある
  • Webページは基本的に興味・関心の高いユーザーが訪れるため、読まれることを前提に制作するケースが多い
  • メールは興味・関心の下がっていくユーザーへも届くため、メリハリをつけて読まれないことを前提に制作する必要がある
メールそのものの仕様を十分理解しなければならない
  • HTMLメールはメーラー・メールソフトによって表示に違いが出るケースがあるため、その仕様を理解して対応する必要がある
  • Webページと比べてメーラー・メールソフトでは文章が読みづらいため、読みやすさに特に配慮し、簡潔に要点をまとめて書くべき

メールクリエイティブ制作について

Webからのお問い合わせ・資料請求
お電話でもお気軽にお問い合わせください

 0120-60-9920
(受付時間:平日9:00~18:00)