Cross-Channel Marketing Platform(CCMP) | レポート機能

複数チャネルで展開する施策の効果を正しく測定しPDCAサイクルを高速化

 

CCMPでは、キャンペーンの分析に利用されている一般的な成果指標である開封、クリック、コンバージョンやエラーに関するレポートが標準で用意されています。クリック状況については、ヒートマップ形式でグラフィカルに表示することも可能です。また、Facebookの「いいね!」やシェア、Twitterのリツイート、Google+の「+1」など主要SNS に関するレポートも利用できます。
これらのレポートは、PDFやCSV形式ファイルでダウンロードしたり、ワンクリックでURLを発行し、ブラウザベースで第三者に対して素早く共有することも可能です。
そのほか、オプションサービスとして、目的に応じたカスタマイズに対応したMI(Marketing Intelligence)レポートや世界初のビルトイン型アトリビューションレポートも提供しています。

個別キャンペーンレポート(ダッシュボード)

キャンペーン全体のサマリーを確認可能。

リンククリックアクティビティレポート

各メール原稿上のURLごとのレポートも確認可能。

エラーレポート

各メール原稿上のURLごとのレポートも確認可能。

リーチレポート

リーチ(顧客との接触)に関する部分について、より詳細に確認可能。
複数チャネル横断での接触履歴を、まとめて確認可能。

ヒートマップレポート

レスポンス状況を直感的に理解することができるヒートマップ形式での表示も可能。

デバイス情報レポート

デバイス・OS別のアクション状況をグラフィカルに確認可能。デバイスタイプ、ブラウザ等さらに詳細もプルダウンで選択して確認可能。

MI(Marketing Intelligence)レポート

キャンペーンの目的や運用に合わせて最適化されたレポートを提供する事が可能。(有償)

マーケティングアトリビューションレポート

購入データやクーポン利用状況をキャンペーンにリンクさせ、チャネルレベルでのアトリビューションを把握。(有償)


チャネルやデバイスを越えて顧客体験を提供。
顧客中心のマーケティング施策を実現するために重要なCCMPの5つの機能
マーケティングオートメーション クロスチャネル
クロスチャネル

メール・モバイル・SNS・Webの複数チャネルでのキャンペーン実行。

マーケティングオートメーション データ管理
データ管理

データを一元管理して顧客を明確化。適切なセグメンテーションを実現。

マーケティングオートメーション オートメーション
オートメーション

マーケティングシナリオの実行を自動化し、効果と効率を最大化。

マーケティングオートメーション レポート機能
レポート機能

複数チャネル展開施策の効果を正しく測定。PDCAサイクルの高速化。

マーケティングオートメーション シナリオテンプレート
シナリオテンプレート

プリセットシナリオで本格的なマーケティングオートメーションを短期間で実現。

マーケティングオートメーションについて

Webからのお問い合わせ・資料請求
お電話でもお気軽にお問い合わせください

 0120-60-9920
(受付時間:平日9:00~18:00)