Webからのお問い合わせ・資料請求

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5786-2910
(受付時間:平日10:00~17:00)



エクスペリアンジャパンの分析サービス/モデル構築

与信業務を中心に顧客ライフサイクル各ステージの投資最大化を実現

新規顧客獲得から初期与信、CRM (クロスセル、アップセル)、不正検知、貸付リスクや回収/リカバリーなどあらゆるステージで最適な判断が行えるよう分析サービスやスコアリングモデルをご用意しております。

分析サービス/モデル構築

初期与信

クレジットカードや各種ローンの申込み時に審査を行うに当たり活用されるモデルで、主に、年収・性別・職業等の属性情報と他社での債務における残高、返済状況等の外部信用情報を用いて構築を行います。

対象商品の例

クレジットカード、カードローン、住宅ローン、オートローン、教育ローン、その他目的別ローン、フリーローン、家賃保証など

途上与信

現在取引がある契約において、クレジットカードやカードローンにおける増減枠または利用停止等の判定に活用されるモデル。主に、初期与信でも用いられる属性情報や外部信用情報に加えて、預金残高やカード利用内容等の自社での取引状況を用いて構築を行います。

対象商品の例

クレジットカード、カードローンなど

汎用モデル

与信モデルは、自社内にある顧客属性情報、外部信用情報、利用内容を用いて構築される場合が多い中、自社内に顧客データがまだ格納されていない企業様向けに、社内蓄積データの代わりとなる汎用型の信用リスクモデルを提供しております。「これからサービスを始めたい。」という企業様にご好評をいただいております。

債権回収

債権回収業務においては、延滞日数毎に「初期延滞(30日)」、「中期延滞(90日)」、「長期延滞(180日)」とステータスが分類されますが、「初期延滞(30日)」ステータスにおいて、回収可能な債務者を判定し、回収業務の効率化に寄与するデータモデルです。

不正検知 (申込審査時)

口座開設や金融商品の申込審査時に、他人の情報を使用したり、悪意を持った取引をする申込者を未然に防止するソリューションです。様々な不整合を検知するルールや顧客属性・外部信用情報・過去の申込状況・デバイスIDなどから不正検知スコアを構築します。

意思決定分析サービスについて

Webからのお問い合わせ・資料請求
お電話でもお気軽にお問い合わせください

 03-5786-2910
(受付時間:平日10:00~17:00)