Webからのお問い合わせ・資料請求

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5786-2922
(受付時間:平日9:00~17:30)

海外企業調査レポート(エクスペリアン統一評価レポート)

グローバルネットワークを生かし世界各国の信頼のおける調査会社から最新の企業情報を取得

エクスペリアン統一評価レポートは海外現地の最新情報に加え、統計学モデルに基づいた8段階の倒産確率を付与、海外与信管理を支援します。

エクスペリアン統一評価レポートの特長

エクスペリアン統一評価レポートの特長

エクスペリアン統一評価レポートの利用事例

エクスペリアン統一評価レポートの利用事例

ベストプラクティスを見る

海外ビジネスソリューション
中国企業調査サービス

海外企業信用調査 統一評価レポート サンプル

統一評価レポートの詳細をご覧いただけるようサンプルレポートをご用意しております。
ご希望の方は、こちら よりお申し込みください。

海外企業信用調査
                     統一評価レポート サンプル

レポートの種類

新規レポート
調査依頼を受けてから海外現地の最新情報を取得の上、お届けする企業調査レポート。
既存レポート
調査実績のある企業については、既存の企業調査レポートをお届けいたします。対象国についてはお問い合せください。
登記情報サービス (ROC)
調査対象国によっては、登記情報取得も可能です。詳しくはお問い合せください。

価格と納期目安

新規調査は最短2営業日で納品可能。月次後払い精算で必要な分だけご利用いただけます。

レポートは英文でのご報告となりますが、特にご依頼の多い中国(香港・マカオを除く)・台湾については、無償で和訳を承ります。詳しくはお問い合わせください。

海外企業信用調査 料金表

海外企業信用調査
                     料金表

※各国の祝日により納品予定日が後ろ倒しになる場合もございます。
※レポートは英文でのご報告となります。和文報告をご希望の場合は、別途和訳作業が必要となります。
※調査対象地域によって納期が変更となる場合がございます。詳しくはIBR360にてご確認ください。
※調査対象国によっては、既存レポート取得も可能でございます。詳しくはIBR360にてご確認ください。
和文翻訳 料金表
1. 中国(香港・マカオを除く)および台湾
和文翻訳料金につきまして無償対応いたします。
オンラインサービスIBR360を通じた新規調査のみ適用となります。
納期(営業日)は英文レポートと同様の日数となります。
※既存レポートの和文翻訳は下記「2.その他の国」が適用となります。
2. その他の国
日本語のレポートご希望の場合は、英文のレポートを受領後、「翻訳依頼」と明記の上、IBR360サポートセンター(bizinfo@jp.experian.com)まで翻訳を希望する英文レポートを添付の上、ご依頼ください。

海外企業信用調査
                     翻訳料金表

※翻訳成果物が30ページを超える場合、5,000円/1ページが適用されます。(翻訳箇所を絞り込むことも可能です。)

全体管理への応用

倒産確率(DPスコア)

エクスペリアンジャパンの海外企業調査レポートは、統計学分析に基づく倒産確率の算出をしています。世界いずれの国の企業についても、8段階の倒産確率レンジを統一されたリスク評価の尺度としてご提示いたします。

この統計学を活用した倒産確率は、スコアリングモデルの開発に多くの実績を有するDP Information(Experian Group)が構築したもので、当リスク評価モデルは78.8%と高い倒産予見の精度を有しています。中国企業をはじめとして、高い決算書入手率を誇っています。倒産確率のみならず、商流・資金繰り・資本背景・財務分析などの情報もレポート内に収録しており、海外企業調査レポートとしては圧倒的に充実した内容をお届けしております。(当該国の情報開示制度により掌握可能な情報が乏しい場合があります。)

スコアと倒産確率の関係

図)スコアと倒産確率の関係
(DP1-DP4は取引拡大を推奨されるレベル、DP7-DP8は要監視のレベル)

取引先ポートフォリオ分析

統一評価レポートを取得し、自社の売掛債権残高または取引希望金額をクロスさせることにより、顧客・仕入先マスタのポートフォリオ分析が可能となります。これにより、重点管理すべきリスクの高い取引先、決算条件の緩和などにより取引高を増加させるべき取引先などが可視化できます。

取引先ポートフォリオ分析

要経過観察にプロットされた取引先については、取引状況に変動があった場合にすぐ対応ができるよう、与信限度額の決定およびそれを運用する社内の与信管理規定が必要となります。

エクスペリアンジャパンでは、その設定・管理規定の作成についてもサポートいたします。
詳しくは、こちらをご覧ください。

VaRシミュレーションについて

取引先ポートフォリオ分析同様、倒産確率(DPスコア)活用することで、今後1年間における予想最大損失額及び取引の安全度を測定することが可能となります。一般的に金融機関で利用されているVaRのコンセプトを貸倒れに応用することで貸倒れリスクの可視化が可能になりました。加えて、現行の債権保全策(貿易保険・取引信用保険など)の効果を測定することも可能となりますので、将来的なリスクヘッジの選択に役立ちます。

VaRシミュレーション

※VaRシミュレーションの詳細についてはお問い合わせください。

ご利用の流れ

はじめて利用される際には、会員登録が必要となります。詳しくはご利用の流れをご覧ください。

海外企業調査レポート ご利用の流れ
エクスペリアン統一評価レポートについて
Webからのお問い合わせ・資料請求
お電話でもお気軽にお問い合わせください